2017年2月13日月曜日

ラビ文学と思想のかたち Samely, Forms of Rabbinic Literature and Thought

  • Alexander Samely, Forms of Rabbinic Literature and Thought: An Introduction (New York: Oxford University Press, 2007).
Forms of Rabbinic Literature and Thought: An IntroductionForms of Rabbinic Literature and Thought: An Introduction
Alexander Samely

Oxford Univ Pr on Demand 2007-05-31
売り上げランキング : 1921421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は、言語学用語を多用した難解な本を書くことで知られる著者による入門書である。著者はラビ的ユダヤ教を描くためにラビ文学の形式に注目した。なぜなら、ラビの思想はラビ文学の本質や性格と不可分だからである。

通常であれば、ある文書内に見られる個々の法的・神学的見解の意味に基づいてラビ的ユダヤ教を語るわけだが、著者はそれではラビたちによる文学的提示の重要性を無視することになってしまうと考えた。そこで著者は、ラビ文学における文学性の軽視に注目した。ラビ文学にははっきりとした統一的な教義がなく、また聖書解釈の提示にも機能性がないため、読者はさまざまな解釈、主題、そして立場を統合することができる。

文学性の欠如は、必ずしもラビ文学そのものが欠落的な特徴を持っていることを意味しない。著者は、むしろそうした非文学性はラビたちが意図的に目指したものだったと主張する。ラビ文学は文学性という自らの実存を軽視・無視することにより、逆説的に、ラビ的思考を始めることができたのだ。またラビ文学は、ラビたちが一般化、組織化、自己説明を忌避していたために、これらの特徴を持たない。

0 件のコメント:

コメントを投稿