2015年2月18日水曜日

古代エジプトの家庭事情 Rowlandson, Women and Society in Greek and Roman Egypt, Ch. 3

  • Jane Rowlandson (ed.), Women and Society in Greek and Roman Egypt: A Sourcebook (Cambridge: Cambridge University Press, 1998), pp. 84-154.
Women and Society in Greek and Roman Egypt: A SourcebookWomen and Society in Greek and Roman Egypt: A Sourcebook
Jane Rowlandson

Cambridge University Press 1998-11-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本書はギリシア・ローマ時代のエジプトで書かれたパピルスから、当時の社会を特に女性の役割に特化して検証するものである。解説部分と実際のパピルスの英訳とが収録されている。当時のエジプトでは、せっかく生まれても、多くの人が大人になる前に亡くなっていたので、全体的に若い世代が多い社会だった。生まれた子供は5歳になるまでに半分が亡くなっていたという。

女性は比較的若いときに結婚した。ただし、12-13歳での結婚は確かにあったが、一方で十代の後半から二十台の前半に結婚する事例もある。男女の年齢差は大きく、しばしば父親ほどの年齢の伴侶を持つ女性もいた。

ローマ時代には近親間の結婚がしばしば見られた。おそらく人口の四分の一は近親結婚だったと考えられる。近親婚はローマ社会では禁じられていたが、富裕なギリシア人たちは血統を守るため、財産の分割を防ぐため、そして結婚の支度金を省くためなどから近親婚をした。さらには若者は大人と比べてさまざまな理由から結婚が難しかったため、早く結婚しようとすると自然と近親婚をするに至ったとも考えられる。

当時の肉親を呼ぶ呼び方は、必ずしも実際の肉親関係のみならず、親しみを表すために他人に対しても用いられていた。特にエジプトのキリスト者たちは、宗教の構成員を「兄弟」「姉妹」と呼んでいたことが知られている。

ローマ時代に、兵士たちは兵役が終わるまで結婚することを禁じられていたが、エジプトに駐屯していた兵士が事実婚状態となることはままあった。この間に生まれた子供は父親なしと見なされたが、兵役が終わるとローマ市民権を取って、ローマの正式な結婚にすることが許された。

こうしたパピルスは、広義のアーカイブに保存されていたものだが、しばしば近代の発見者が別々に売り払ってしまうことがあり、どのパピルスとどのパピルスが同じところから出てきたのか分からなくなってしまったり、分かっていても場所が離れているために関連付けがされていなかったりと、さまざまな問題がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿