2011年12月21日水曜日

『基督教研究』第73巻2号(2011年)

同志社大学基督教研究会の紀要である『基督教研究』の新しい号が出たので、目次をのせておきます。

『基督教研究』第73巻2号 (2011年12月)

シンポジウム
李徳周「初期同志社大学神学部の韓国人留学生に関する研究(1908-1945年)」・・・・・・1-32

講演
小原克博「科学・政治・宗教をめぐる暴力の系譜:21世紀的身体(こころ)を展望する」・・・・・・33-50

論文
崔弘徳「シュライアマハーに対する波多野精一の宗教哲学的解釈」・・・・・・51-69

稲山聖修「カール・バルトによる聖書理解をめぐる一考察:橋本鑑と関連して」・・・・・・71-90

菊川美代子「矢内原忠雄の「日本的基督教」:土着化論再考」・・・・・・91-104

0 件のコメント:

コメントを投稿