2011年12月1日木曜日

『ユダヤ・イスラエル研究』第25号(2011年)

日本ユダヤ学会の学会誌『ユダヤ・イスラエル研究』の第25号が届きました。今号から年刊化するそうです。以下に目次を示す論文に加え、5本の書評、6本の新刊紹介が収録されています。
日本ユダヤ学会HP(http://www.waseda.jp/assoc-jsjs/


『ユダヤ・イスラエル研究』第25号(2011年12月)

上村静「ユダヤ人がユダヤ人である理由:古代ユダヤ人の〈民意識〉」……1-13

山本伸一「『日々の歓びの書』に現れる「レハー・ドディー」の変更とガザのナタンの影響」……14-27

井出匠「19世紀末・20世紀初頭のスロヴァキア・ナショナリズム運動における反ユダヤ主義」……28-40

堀邦雄「キッチュとユダヤ系知識人」……41-51

0 件のコメント:

コメントを投稿