2011年9月27日火曜日

死海文書オンライン公開

イスラエル博物館とグーグルが昨日(2011年9月26日)オンラインで死海文書を公開しました。
http://japanese.engadget.com/2011/09/26/google/
現在は、Great Isaiah Scroll, Community Rule Scroll, Commentary on Habbakuk, Temple Scroll, War Scrollの5書が公開されているようです。

Digital Dead Sea Scrolls

ちょっと使ってみましたが、Great Isaiah Scrollなんかは、パスークごとに英訳が出てくるようになっていてなかなか面白いですね(でも拡大すると英訳は出なくなってしまうよう)。これまでも、Emmanuel Tovが監修したCD-ROMの死海文書のデータベースがありましたが(The Dead Sea Scrolls Electronic Library)、機能的にはオンライン版もだんだんこれに近づけていったりするのでしょうか。

それにしても、こういう写本のオンライン公開をする仕事というのは素晴らしいですね。私が知っているだけでも、ヘブライ語聖書のアレッポ写本、ギリシア語のシナイ写本なんかがデジタル処理されて公開されていますが、きっと気の遠くなるような作業を経て出しているんでしょう。死海文書は、ときどきオカルト的な興味の持たれ方をして、結果として妙な本がベストセラーになったりしますが、こういう丁寧な仕事を通じて正確な情報が伝わっていけばいいですね。

はじめての死海写本 (講談社現代新書)はじめての死海写本 (講談社現代新書)
土岐 健治

講談社 2003-11
売り上げランキング : 387489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

0 件のコメント:

コメントを投稿